園長の挨拶

 


 驚くほど暑い週末、そして雨が降るとぐっと気温が下がる、こんな気候の中で子どもたちの体調が少し心配される今日この頃です。クラスによっては下痢の症状が出ているお友だちが多いクラスもあります。お子様のお家での体調等気に掛けて頂きながら、何かありましたら必ず担任にお伝え下さい。私たちも日々の感染症対策と共に、お子様の体調により気を配って保育に努めたいと思いますのでよろしくお願い致します。
 さて、少しずつ新型コロナウイルス感染症の対策が緩和される中ですが、保育園でも様々な事を再開しています。その中でも、3歳以上児で行う外での全体朝の会では、5歳児さん以外経験はなく、みんなで集まってお話を聞いたり、体操をしたりすることが初めてで、慣れない所もありました。しかし、2回、3回と数を重ねていくうちに、並び方やお話の聞き方を知り、また異年齢のお友だちの姿を見てかっこいいと思ったり、真似してみようと思ったりする姿が見られるようになりました。そんな全体朝の会から、一緒にやるからこそ知り得る子どもたちの姿を見て、異年齢の関わりの大切さを改めて感じました。
 また、本日から3日間かけて3歳以上児の保育参観も行われます。感染予防対策はしっかりと取り組みながら、今年度は保護者の皆様にもお子様の成長をより身近で感じてもらえるように取り組んでいけたら良いなと思っております。
 今月も、どうぞよろしくお願い致します。