園長の挨拶

 


 秋…多くの楽しみがある季節がやってきました。
 先日の運動会を終え、心も身体も一回り大きく成長した子どもたち。身体の動きもますます活発になり、スポーツの秋らしく、元気に色々な活動に取り組んでいます。まだまだ、かけっこやリレー、運動会の余韻を充分楽しんでいる子どもたちの成長を、これからも見守っていきたいと思います。
 また、保育室の中に目を向けると、子どもたちがブロック、パズル、おままごと等、好きな遊びを楽しんでいます。中でも、子どもたちはみんな絵本が大好きです。先生に読んでもらうことはもちろん、自分で読んだり見たりすることも好きですね。ひよこの部屋でもお気に入りの本を持ってきて、楽しんでいる子どもたちの姿が見られます。絵本は小さな子でも自分の意思を持ってページをめくることができるもの、たくさんの言葉にも触れ、想像を膨らませ、たくさんの不思議やワクワクに出会うことができるもの等…これからもたくさんの絵本に触れられる環境を整える中で、じっくりとお話の世界にひたりながらイメージを一杯広げて欲しいと思います。
 今月は、体を動かすことと、ゆっくりと過ごす時間、『動』と『静』の時間を大切にしながら、子どもたちの心の成長を深めていきたいと思います。そして、遠足、散歩や戸外遊びなどを通じて、秋の自然を十分に楽しみ、季節の移り変わりを感じられる生活を心掛けていきます。今月もどうぞよろしくお願い致します。