園長の挨拶

 


 ご入園、ご進級おめでとうございます。
 新入園児21名、進級児70名で、平成30年度が始まりました。保育園では、互いに認め合うことや、協力し合うことの大切さを知り、大きく成長していきます。私達は、一人ひとりの気持ちを受け止めながら、子どもたちの健やかな成長のお手伝いを精一杯させていただきます。
 ゼロからスタートした平成27年度から、皆様のご理解とご協力をいただき、お陰様で、4回目の春を迎えることができました。御礼申し上げます。今年の園庭の桜は、全国の桜と同様に、例年より早く咲き、3月28日の卒園式には満開を迎え、今は葉桜となりました。まだまだ小さく弱々しい樹木ですが、精いっぱい咲き誇っています。また、子どもたちが植えお世話をしているプランターのチューリップは、かわいい花を咲かせてくれています。
 園庭の桜のように「小さく弱々しい」子どもたちも、集団生活の中で、また、保護者の皆様をはじめ、周囲の大人たちとのかかわりの中で、「大きく力強く」成長していくことでしょう。それは同時に、子どもたちからたくさんの気づきをいただき、私たちをも成長させてくれます。
 ここにいただきました、子どもたち、そして、ご家族皆様とのご縁に深く感謝し、職員一同心ひとつに、保育園での生活が安定したものとなるよう環境を整え、ご家庭と連携を取り合いながら、保育に精進してまいります。改めまして、日々成長していくこの大切な時期に、ご理解とご協力をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。