園長の挨拶

 


 先日の発表会では、寒さ厳しい中ご来園いただき、ありがとうございます。
 あのような温かい発表会となりましたこと、皆様より常日頃のご協力をいただきましたお陰と、心より感謝しております。
 この日を迎えるまでには、子どもたちはいろいろな思いを抱き、順風満帆といかないこともありましたが、皆様の支えがあって、発表会を楽しみに、取り組むことができました。
 当日は、体調不良でお休みする子もなく、大勢のお客様を前にしての緊張と、観ていただく嬉しさが程よく作用して、舞台では、堂々と発表してくれました。出番を終えた子どもたちは、キラキラまぶしい素敵な表情で、大変誇らしく感じました。
 さて、その発表会で、らいおん組が歌った「♪あしたは はれる(作詞/作曲 坂田修)」を紹介させていただきます。
 

「♪あしたは はれる(作詞/作曲 坂田修)」

かなしくて 泣きたくなったとき 思いだしてほしい ぼくらのことを
雲にのり とんでゆくからね ひとりぼっちじゃないよ 手をつなごうよ
   
すきだから きみがすきだから ともだちさ いつも いつまでも
さあさ 夢じゃない みどりの草原に みんながあつまるよ きみとうたうよ
      
すきだから きみがすきだから ともだちさ いつも いつまでも
さあさ げんきだせ なみだふきとばせ 声をあわせ うたおう あしたは はれる
   
あしたは はれる  あしたは はれる

 この先、くじけそうな時、またつまずくことがあっても、声を合わせ、力を合わせ、みんなでひとつになった事など様々な経験が心の支えとなって、前を向いて、歩んでいってくれることと信じています。
 今しばらく寒い日が続きそうです。インフルエンザやノロウィルスも猛威を振るっているようですが、
 予防に努め、健康に冬を乗り切りたいですね。そして、心も体も強くなって、春を迎えられますように、お祈りし申し上げます。