園長先生の挨拶

 


暑中お見舞い申し上げます


 今年は長雨に悩まされる毎日でしたが、ようやく梅雨明けとなりそましたね。園庭のヒマワリや門の朝顔がぐんぐん伸び、花を咲かせています。保護者皆様におかれましては、ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 今年はコロナ禍での夏を過ごすということで、少しでも楽しい夏を過ごしてほしいと、保護者会の皆様に「夏祭りのプレゼント」として、2歳以上児さんは「水鉄砲」をいただき、0・1歳児さんは「クラゲの水鉄砲」をいただきました。早速保育の中で水鉄砲を使って子ども達の遊びが繰り広げられております。保護者の皆様に感謝申し上げます。この夏にしか味わえない経験を少しでも多くしていきたいと思います。
 この夏、それぞれのご家庭でも、レジャー計画を立てていらっしゃったと思いますが、新型コロナウイルスの急速な感染拡大で「第2波が到来したと言うべき状況」と言われています。再度気を引き締めての生活となります。改めて、「手洗い(消毒)」「マスクの着用」「3密の回避」「不要不急の外出を避けていただく」など、感染防止策を共に行ってまいりましょう。私たち誰もが新型コロナウイルスに感染する可能性があります。り患された方も、決して望んでかかったわけではありません。相手の立場を思いやり、うわさやデマに惑わされず、正しい情報に基づいた冷静な判断と行動を心掛けましょう。
 そして新型コロナウイルスに感染したとしても、負けない体力づくり!「免疫力」を高めましょう。それには、何気なく食べている毎日の積み重ねにより、子ども達の体が作られていくことを私たちは、十分自覚しなければならないと思います。「栄養満点の食事」と「十分な睡眠」をとり、この暑い夏を、コロナ禍を元気に乗り切りましょう。