園長先生の挨拶

 


 お子様のご入園・ご進級おめでとうございます。
 桜の花も、チューリップもまるで祝福するかのように、咲き始めました。
 元気いっぱいの新しいお友達22名を迎え、93名での新年度スタートです。
 期待と不安を胸に入園・進級してきた子ども達。この1年間いろいろなことがあるでしょう。嬉しいこと、楽しいこと、それは子ども達が必死で生きている証拠なのです。温かい目でそれを見守っていってあげてください。保育所も一生懸命そのお手伝いをしていきたいと思います。
 保育者と親という立場の違いはありますが、24時間ひと続きの子どもの時間を共有しながら育んでいくために、この1年、子ども達を軸にして、保護者の方と一緒に驚いたり、感動したり、心の底から笑ったりして一緒に喜びや悲しみを共有していけたらと思います。一人ひとりのお子様がその子らしさを精一杯発揮し、お友達の良さを認め合うそんな園生活を目指して、保護者の皆様と職員とがしっかり子ども達の両手をつないで、すこやかな体と心の発達を育んでまいりましょう。
 皆様のご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。