園長先生の挨拶

 


 木々や花が芽吹き始める様子に、春の訪れを感じる季節となりました。
 早いもので、進学・進級を目前にした総仕上げの月となります。
 先日のおたのしみ発表会は、例年とは違う雰囲気の中でしたが、子ども達はおはなしの世界や歌の世界の役になりきり、楽しんでいました。そんな姿から、お子様の成長を感じていただけたことと思います。そこで「えほん」(読み聞かせ)をお子様にすることはとても大切なことということは皆さんご存知だと思います。なぜならば、子ども達は主人公に自分を重ねながら成功体験や達成感を味わっています。そうして絵本の中でいくつもの人生を生き、幸せになる道をいっぱい見つけます。そこに実体験が伴うことで理解が深まり、知識としても身につくのだといわれます。相手の気持ちを想像し、理解するために必要な「想像力」と、自分の気持ちをより正しく、豊かに表現するために必要な「語彙力」を付けることができるのです。どうぞ1日5分でいいので、1日の終わりに親子の時間(コミュニケーション)として、読み聞かせを行ってみませんか。
 年長児さんもいよいよ小学校です。4校の小学校へそれぞれ旅立ちますが、長い月日、保育所で培った「考える子」「すなおな子」「じょうぶな子」これらの力は生きていく力となって一人ひとりの心の中にしっかり蓄えられているものと信じます。
 はじめの一歩を経験し、多様な人間関係の中で育ってきた子ども達も、多くの刺激を受け、ご家族をはじめ関わった人たちに支えられながら共に大きく膨らんだ多くの喜びを実感しています。今まで身に着けてきた事を大切にしながら、それぞれの成長を認め、励ましながら新しい生活に向かう自信を持てるようにしていきたいと思います。「ありがとう」そして「さよなら」の季節・・・。私達も保護者の皆様も子どもと一緒に育ちあっていることを肝に銘じながら、残り少ない1日1日を大切に過ごしていきましょう。3月もよろしくお願い致します。