園長先生の挨拶

 


 梅雨入りの季節となりましたが、保護者皆様におかれましては、ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 ここの所痛ましい事故や事件が、連日報道されております。私達「大人」がどのようにして子ども達を守れば良いのか、本当に考えさせられます。そこで、職員一同散歩コースについて今一度危険場所の確認、想定できること、想定できないことも心に止めるように「毎回の下見」について考え直しました。
 そして3歳以上の子ども達には、常日頃から「自分の身は自分で守る」(まだまだ大人が守らなければいけませんが)を合言葉に、火事や地震時の避難訓練『お・は・し・も』⇒『さない・しらない・ゃべらない・どらない』 不審者に対するの防犯訓練『イカ・の・お・す・し』⇒『イカない・らない・お声で助けてと叫ぶ・ぐにげる・らせる(大人に)』こんな標語をもとに訓練をし、交通ルールについても確認し、実施行しております。そこで保護者の皆様にもお願いがあります。
 ①保育所の送迎・保育所以外の屋外に出たとき、必ずお子さんと手をつないで行動しましょう。②車で送迎の方、チャイルドシートきちんと使用していただいていますか?
 ③青信号=進む(渡る)ではなく、『信号が青になっても左右の確認をして気を付けて渡る』こんなところにも意識していただきたいと思います。子どもを守るのは『大人』です。常日頃から、子ども達の模範となり、歩行時・運転時等々 交通ルールを守りましょう。子ども達は、いつも『大人の背中(行動)を見ています』よ。
 鵜沼東保育所 職員と保護者の皆さんで、子ども達を守っていきましょう。
 まだまだ気温の変化が激しく、体調を崩しやすい時期でもあります。衣服の調節をしっかりして、睡眠をしっかりとり、朝食をしっかり食べて登園することで、体の調子を整え熱中症予防にもなります。
 6月もご理解・ご協力をよろしくお願い致します。