園長の挨拶

 

園長
杉山 一夫


 朝夕の草むらからの虫の声に季節が夏から秋へと移っていくことに気づかされる頃となりました。保護者皆様におかれましては、ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 さて、本日、2学期がスタートしました。一まわりも二まわりもたくましさを増し、大きく成長した子どもたちが元気に幼稚園に戻ってきてくれました。これもひとえに保護者皆様のご理解のお陰と心より感謝申し上げます。
 今年の夏も猛暑日が続き、夏期保育、夏期預かり保育中にも熱中症警戒情報が毎日のように発令され、屋外あそび、プールあそびも思うように時間がとれませんでしたが、子どもたちは、限られた時間内にもかかわらず、友達を誘い合いすきなあそびを満喫していました。また、8月22日に今年3月に卒園した子どもたちを招待し、同窓会を開きました。自分達で人参、じゃがいも、玉ねぎ、肉入りの大鍋カレーを作り完食。学校で頑張っている事の発表をし、笑顔あふれる一時を懐かしい友と一緒に過ごしました。
 これからもガンバレ!とエールを送りました。
 今年の夏、教職員は各地園での研修会に参加させていただきました。そこで学んだ様々な事例を全教職員で共有し「子どもファースト」を第一に考え、2学期の生活に取り入れて、保育を充実していきたいと思います。
 今月は、子どもたちの無理のない計画の中で生活リズムを整え、健康で安全な生活に配慮した保育をすすめていきたいと思います。 今学期もどうぞ、よろしくお願いいたします。