理事長挨拶


 街路樹の銀杏が実を熟し、移り行く季節をスポーツ、食欲の秋へと誘う頃となりました。
 暦の上では秋ですが、まだまだ日中は暑い日が続いています。
 保護者皆様におかれましては、ご健勝にてお過ごしのこととご推察申し上げます。
 さて、本日10月1日に、幼児教育・保育の無償化がスタート致しました。一人当たり月額25,700円を限度として公費が投入され、保護者の負担軽減が計られます。無償化によって、幼稚園、子ども園、保育所の資質の向上が問われます。園としてこれからも地域に根付き、愛され、信頼される園となるよう、教職員一同、心を一つにして精進してまいりたいと思います。何卒、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 今年も台風が毎週のように日本列島を襲い、大雨による河川の氾濫、家屋への浸水や強風による建物の倒壊等、甚大な被害を各地にもたらしております。被害に遭われた関係者の皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。
 さて今、子どもたちは10月6日に行われる運動会に向け、練習に取り組んでおります。今年も東濃高等学校様のご理解をいただき、天候に左右されない広い体育館で実施でき、とても良い環境の中できることに感謝しております。
 秋はたくさんの行事を計画しております。保護者皆様のご理解、ご協力をいただき、子どもたちと肌で秋をいっぱい感じられる生活をしていきたいと思います。今月も、どうぞよろしくお願い致します。

建学の精神

建学の精神

「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える子

教育目標
自ら生き生きと活動する 心ゆたかな やさしい子
命の大切さを知り、豊かな心と力強くいきる力(心情、意欲、態度)を培う。
 1.ありがとう、ごめんなさいが、素直に言える子。
 1.思いやりの心を持ち、友達と仲良く遊べる子。
 1.元気な子

園生活を通じて、命の大切さを知り、豊かな心と力強く生きる力を培う





   理事長杉山 一夫