理事長挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 ご家族皆様おそろいで輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。令和2年の元旦は素晴らしい快晴の日となり、子どもたちが笑顔で過ごせる佳き年となるよう願いました。
 さて、本日から3学期がスタートしました。休み中、ケガ、病気等の連絡もなく、有意義に子どもたちが年末年始を生活していることに安堵しました。笑顔いっぱいの子、少し不安に登園してきてくれる子、それぞれ新年のあいさつをしてきてくれ、休みの間の成長を感じました。保護者皆様をはじめ、お家の人のお陰と心より感謝申し上げます。
 この学期は、一年間の総まとめの学期として園目標であります「自ら生き生きと活動する心ゆたかなやさしい子」に近づけるよう、園全体で生活の充実に引き継ぎ努めてまいりたいと思います。
 このことは、日頃の何気ない生活の積み重ねが、園目標の目ざす姿に繋がっていくと思います。目に見える成長ばかりでなく、目に見えにくい心の成長にも更に寄り添い、一人一人がもっている良い所をたくさん見つけ、認め合い、自信をもって生活できるようにしていきたいと思います。
 新年の職員会の場で、教職員一人一人の発言の中で、「子どもたち一人一人の笑顔」のために頑張る旨の言葉が多くありました。
 今学期が、「楽しい思い出」がいっぱい出来ることを配慮した生活に、教職員ワンチームになって心がけてまいりたいと考えます。
 どうぞ、今年もよろしくお願い致します。

建学の精神

建学の精神

「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える子

教育目標
自ら生き生きと活動する 心ゆたかな やさしい子
命の大切さを知り、豊かな心と力強くいきる力(心情、意欲、態度)を培う。
 1.ありがとう、ごめんなさいが、素直に言える子。
 1.思いやりの心を持ち、友達と仲良く遊べる子。
 1.元気な子

園生活を通じて、命の大切さを知り、豊かな心と力強く生きる力を培う





   理事長杉山 一夫