理事長挨拶


 新年あけましておめでとうございます。
 ご家族皆様お揃いで、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 本日、元気に子どもたちが幼稚園に戻って来てくれました。楽しかった出来事を友達同士話し合っている姿は、この年末から年始にかけてのお休みが、いかに充実して有意義であったかが伺えます。保護者の皆様をはじめ、お家の皆様に心より感謝申し上げます。
 今年の元旦、私は信州の塩嶺峠から、諏訪湖の湖面のはるか彼方に富士山を望みながら、初日の出を見ることができ、清々しい新年を迎えることが出来ました。こちらでは、朝霧の発生により、見ることが出来なかったと聞きました。
 一年の計は元旦にありと言われますが、しっかりと計を立てさせていただき、子どもたちの一人一人の健全な成長のための環境づくりを第一に考えた、日々の保育を大切にしていくことを再確認致しました。
 子どもたちの笑顔、歓声は、保護者の皆様をはじめ、私たち教職員、周りの人たちにまで、“何とも言えない温かい安心感”を与え、自然に笑みがこぼれてしまう源であると思います。
 私たちの幼稚園では、従来よりナンバーワンよりオンリーワンの人づくりをめざしています。戌年である今年は、特にワンはワンでもオンリーワンを意識した生活をしていきたいと思います。
 今学期は総まとめの学期として、各年次においても「自ら生き生きと活動する心豊かなやさしい子」に達成度こそ段階はありますが、近づけてまいりたいと考えます。春の発表会に向けても年長・年中の劇、台本選定や年少のお遊戯の振り付けなど、着々と準備を進めています。「一人一人が主役になって、最後まで友たちと協力して作り上げる喜びを味わう」をねらいとして、無理のない計画の中で、進めてまいりたいと思います。
 そして今学期は、年長の小学校への入学、年中、年少のそれぞれ進級に向けて、「楽しい思い出づくり」がいっぱいできるように園生活を充実させていきたいと思います。今年も、どうぞ宜しくお願い致します。

建学の精神

建学の精神

「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える子

教育目標
自ら生き生きと活動する 心ゆたかな やさしい子
命の大切さを知り、豊かな心と力強くいきる力(心情、意欲、態度)を培う。
 1.ありがとう、ごめんなさいが、素直に言える子。
 1.思いやりの心を持ち、友達と仲良く遊べる子。
 1.元気な子

園生活を通じて、命の大切さを知り、豊かな心と力強く生きる力を培う





   理事長杉山 一夫